このエントリーをはてなブックマークに追加
    images
    モデルの
    吉川ひなの(41)が13日、オンラインで新刊『わたしが幸せになるまで』(幻冬舎)出版記念・社長就任会見を開催した。今年1月には第3子妊娠を発表していた吉川。「確実な予定日も性別もわかっていないです」とし、必要最低限の検査のみを行い「わからないまま産んで、自分の目で確かめたい」と目を輝かせた。


     現在、米・ハワイを拠点にして生活している吉川は「独特な妊娠期間を過ごしていまして、いわゆる妊婦健診受けていなく。病院にも行っておらず、助産師さんとのやりとりだけなんです」と明かす。

     さらに「名前も考えてなくて、赤ちゃんのものは男の子でも女の子でも大丈夫な用品を用意しています」と備えている。続けて「なんとなくどっちかなというのはあります」といい、「それでも生まれてくるまでわからないので、本当に特殊な妊婦をやっています(笑)」と話した。

     吉川は2011年9月に一般男性と再婚。翌12年3月に第1子となる長女を、18年2月に第2子となる長男を出産。公式YouTubeチャンネルを通じて、自身のライフスタイルなどを発信している。今年1月2日には、所属事務所を退社し独立したことを報告した。

     同書は、両親との確執や経済難、芸能活動への葛藤、ハワイへ完全移住した理由など、吉川がありのままの自分をまっすぐにつづったエッセイ。予約が開始すると注文が殺到し、発売前に重版が決定した。
    【吉川ひなの、第3子の性別と予定日は不明「産んで、自分の目で確かめたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    imagesWHWRWPBA
    元日本代表FWの京川舞選手がバセドウ病と診断されたと発表。所属するINAC神戸レオネッサが5月13日、
    公式サイト
    を通じ公表しました。当面の間は治療に専念し、休養に入るとのことです。

    公式サイトの発表によると、京川選手は3月31日に受けた健康診断で心電図異常が確認され、精密検査を受けたところ心臓ではなく甲状腺の機能に異常が見られ、バセドウ病との診断を受けたとのことです。チームは現在の病状について軽度とコメントしており、「当面の間、運動を控え、薬物治療を行いながら治療に専念しています」と発表しています。

     折しも今季から“WEリーグ”として、新たな女子サッカープロリーグ開幕というタイミング。現在はプレシーズンマッチのさなかで、京川選手個人にとっては入団10年目の節目にあたります。チームを通じて発表したコメントでは「今までのようなサッカーができない現状に苛立ちと残念な気持ちが入り混じり、不安と焦りの気持ちで落ちこみました」とマイナスな感情があったことを告白。しかし現在では「チームのためにできること」を考え、気持ちを切り替えてサポートに励むと宣言しており「復活して試合に出ることを目標に、試合に出られなくてもチームの一員として頑張っていきますので、回復するまでの期間あたたかく見守ってください」とファンにメッセージを送りました。

    当初は「休み疲れだと思っていた」とのことで、検査を促してくれた周囲に感謝をつづった京川選手。サポーターからは「びっくりしましたが原因がはっきりしたことで治療もできますね」「完治してまたピッチを元気に走る姿を楽しみにしてるよ!」と温かなエールが寄せられています。
    【元なでしこ京川舞がバセドウ病を公表「復活して試合に出ることを目標に」 健康診断で判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    imagesTQ1BZON5
    1周年記念動画インタビュー

    「コロナ禍のキーマンに聞く『成功の突破口』」

    <1人目>ビビッドガーデン 秋元里奈社長
    【Part.1】コロナ禍に急成長!産直EC「食べチョク」とは?


    Eコマース&流通DXの専門紙「日本ネット経済新聞」のウェブメディア1周年記念動画インタビュー企画「コロナ禍のキーマンに聞く『成功の突破口』」。1人目は産直ECサイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデンの秋元里奈社長をインタビュー。コロナ禍で最もEC取引が伸びたと言われる食品カテゴリー。その中でも「食べチョク」は注目度を高め、流通額は42倍になったと言います。Part1の動画では、「コロナ禍の成長」「サービスの差別化のポイント」などに迫ります。

    【動画インタビュー(全編)はこちら】


    ■TIME&TOPICS
    00:45 「食べチョク」はどんなサービスですか?
    01:14 流通額や利用者数は伸びていますか?
    01:33 コロナは成長に影響しましたか?
    02:24 どういう商品がよく売れていますか?
    03:00 生産者と消費者の開拓はどちらが難しい?
    03:38 利用者はどのように集めていますか?
    04:10 どのような流入経路が多いですか?
    04:35 ライバルのサービスはどこですか?
    05:25 PR戦略が上手だと思います。心がけていることは?
    06:21 Clubhouseをいち早く活用した理由は?
    08:11 出品者との情報共有に役立っている?


    ■「食べチョク」とは?
    「食べチョク」は全国4000軒を超えるこだわりを持った農家や漁師から、食材やお花を直接お取り寄せできる国内NO.1の産直ECサイト。生産者から”チョク”で届くため、新鮮。だから美味しい。個性あふれる生産者と直接メッセージのやりとりができたり、市場に出回らない珍しい食材や、限定の商品など2万点以上の商品が出品されています。

    「食べチョク」https://www.tabechoku.com/


    ■秋元里奈社長 プロフィール
    神奈川県相模原市の農家に生まれる。慶應義塾大学理工学部卒業。DeNAにてwebサービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げ、スマホアプリのマーケティング責任者を経験。2016年11月にビビッドガーデン創業。


    ■ビビッドガーデン 秋元里奈社長の動画インタビュー
    Part.1 「コロナ禍に急成長!産直EC『食べチョク』とは?」
    Part.2 「『生産者に門前払い』から飛躍!『食べチョク』成長秘話」
    Part.3 「『食べチョク』秋元里奈社長の起業ストーリー」


    1周年記念動画インタビュー「コロナ禍のキーマンに聞く『成功の突破口』」
    特集ページはこちら▶▶https://netkeizai.com/articles/detail/3677
    【【動画インタビュー】コロナ禍に急成長!産直EC「食べチョク」とは?ビビッドガーデン 秋元里奈社長 #1】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【【結果発表】サーティワン初のフレーバー総選挙、アイス100種類のNo.1に「ポッピングシャワー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    無題
    米テスラ社CEOイーロン・マスクのパートナーで人気ロック歌手のグライムスが今週、イーロンが人気番組「サタデー・ナイト・ライブ(SNL)」に出演したあと、パニック発作で入院したことを明らかにした。

    グライムスは火曜日、「SNL」のバックステージ写真を投稿し、医療機関で受診していたため、この写真を投稿するのを忘れていたとつづった。パニック発作になった原因はわからないが、彼女は「セラピーを始めるのが良さそう」と書いた。このバックステージの写真では、グライムスはピーチ姫の衣装を着て、音楽ゲストのマイリー・サイラスと一緒に写っている。

    またグライムスは「SNL」スタッフに感謝し、イーロンのこともベタ褒めした。「とても親切にしてくれたSNLチームに感謝。ピーチ姫として忍び込ませてくれたし、わたしの美しいE(イーロン・マスク)をとても誇りに思っているわ」。

    「SNL」にイーロンが出演したことは、かなり物議を醸している。彼は番組の中で、アスペルガー症候群であることを明かし、それをジョークにした。アスペルガー症候群は、発達障がいのひとつで、社会的なコミュニケーションがうまく取れないという特徴を持っている。また、「SNL」内の「Weekend Update」のコーナーでは、マイケル・チェに仮想通貨の説明をした。そのことで仮想通貨「ドージコイン」の価値が急落したことも話題となっていた。

    番組内では、イーロンがスーパーマリオの悪役であるワリオを演じ、その時にグライムスがピーチ姫としてカメオ出演していた。



    【イーロン・マスクの恋人グライムス、イーロンが人気番組「SNL」に出演後にパニック発作で病院に搬送される「セラピーを受けるのが良さそう」[写真あり]】の続きを読む

    このページのトップヘ