塩野義製薬の無題
社長は10日の決算記者会見で、2020年12月に国内で臨床試験を始めた新型コロナウイルスのワクチンについて、早ければ21年中に供給を開始できるとの見通しを示した。実現すれば、初の純国産ワクチンとなる可能性が高い

厚生労働省による承認が得られれば、21年中に1000万人分以上を量産できるという。手代木社長は「量産体制の整備は順調に進んでいる。なるべく早く提供できるように努力していきたい」

同社は新型コロナ治療薬の開発も進めており、「早晩、良いニュースが届けられるだろう」と述べた。





(日経新聞)塩野義製薬の手代木功社長は10日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、条件がそろえば年内の国内供給が可能になるとの見方を示した。臨床試験(治験)や承認申請の方法などについて国と協議を進めており、なるべく早期に供給を始められるよう目指すとした。
塩野義製薬の手代木功社長は10日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、
最終段階の大規模な治験と並行する
形の条件付きの使用承認が得られれば、年内に実用化できる見通しであることを明らに。
「十分な有効性と安全性を担保できれば、条件付きの承認を考えてほしいと話をさせてもらう」
塩野義製薬の
手代木(てしろぎ)功社長は
10日の決算記者会見で
2020年12月に国内で臨床試験を始めた新型コロナウイルスのワクチンについて
早ければ21年中に供給を開始できるとの見通しを示しました
実現すれば
初の純国産ワクチンとなる可能性が高いです
塩野義製薬の手代木功社長は、開発中のコロナワクチンについて、最終段階の臨床試験と並行する形の条件付き使用承認が得られれば、年内に実用化できる見通しであることを明らかにした。

塩野義製薬が開発中のワクチンの種類は『遺伝子組み換え型』
種類に気をつけよう、勉強しよう、判断しよう。