カテゴリ: スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    無題
     明治安田生命J1第20節の川崎フロンターレ対ベガルタ仙台戦、同第21節の名古屋グランパス対鹿島アントラーズ戦が12日に行われた。

     今週水曜日はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場チームの試合が前倒しで開催。18時キックオフで行われたガンバ大阪対サンフレッチェ広島戦(1-2)に続いて、19時キックオフで2試合が行われている。


     開幕から15試合連続の無敗で首位を快走する川崎フロンターレは、仙台をホームに迎えた一戦も早々と先制。キックオフからわずか3分、左サイドを深くえぐった
    登里享平のクロスに小林悠がヘディングで合わせてネットを揺らした。

     だが早い時間に先制した川崎Fが後半に入っても追加点を奪えずにいると、74分には仙台に同点ゴールが生まれる。
    氣田亮真が相手守備陣に囲まれながらも単独突破でシュートにまで持ち込み、GK丹野研太の弾いたボールに中原彰吾がダイレクトで反応して左足で蹴り込んだ。

     追いつかれた川崎Fだが慌てず、83分には登里の縦パスを受けた三笘薫が今季6点目となる2試合連続ゴールを決めて勝ち越す。そのまま4連勝を飾るかに思われたが、土壇場の95分に仙台が再び同点。マルティノスがエリア手前正面からの低く強烈なミドルをゴール右に突き刺し、2-2のドローに持ち込んだ。

     名古屋は川崎Fとの2連戦に連敗を喫したが、前節セレッソ大阪戦に勝利を収めて勝ち点9差を維持。公式戦9試合連続無敗と調子を上げつつある鹿島をホームに迎えた。

     前半32分、鹿島の左CKから永木亮太の上げたクロスをGKランゲラックがまさかのファンブル。こぼしたボールが犬飼智也に当たってゴールに収まり鹿島の先制点となった。

     1点リードのまま終盤を迎えた鹿島は86分、相手エリア周辺での巧みなパスワークで崩し、最後は荒木遼太郎のパスに走り込んだ杉岡大暉のゴールで追加点。鹿島が2-0の勝利で3連勝を飾り、敗れた名古屋は川崎Fとの差が10ポイントに広がっている。
    【ベガルタ仙台が95分同点弾で川崎フロンターレ止める。鹿島は名古屋下して3連勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    無題
     リーガ・エスパニョーラ第36節が11日に行われ、レバンテとバルセロナが対戦した。

     バルセロナは首位アトレティコ・マドリードと勝ち点2ポイント差、2位レアル・マドリードとは同じ勝ち点「75」で並んで3位につけている。逆転優勝に向けて勝点を落とせない中、今節は14位レバンテとのアウェイゲームに臨んだ。


    立ち上がりから主導権を握るバルセロナは5分、ジョルディ・アルバがペナルティエリア内へロングボールを送ると、エリア右の深い位置で収めたフレンキー・デ・ヨングがGKをひきつけてマイナスにパス。これをペドリがダイレクトで叩いたが、惜しくもGKにセーブされた。

     バルセロナは25分、ジョルディ・アルバが左サイドからクロスを上げると、ニアのDFに頭で触られたが、セカンドボールを中央のメッシが倒れ込みながら左足ボレー。これがゴール右隅に決まって先制点となった。さらに34分には、エリア右へ進入したウスマン・デンベレがGKの目の前で折り返し、中央のペドリが無人のゴールに流し込んで追加点を挙げた。

     試合はバルセロナの2点リードで折り返したが、後半に入ると一転し、レバンテが反撃に出る。57分、ホルヘ・ミラモンが右サイドからクロスを入れると、ゴンサロ・メレロが頭で叩き込んで1点を返す。直後の59分には、ホセ・ルイス・モラレスがロジェール・マルティとのワンツーでエリア左へ突破し、ダイレクトで左足ボレーを沈めて同点。わずか2分間で2点差を追いつく鮮やかな同点劇を見せた。

     それでもバルセロナは64分、エリア右でこぼれ球を拾ったデンベレが落ち着いて右足を振り抜き、強烈なシュートをゴール左上隅に突き刺して勝ち越しに成功。だが、レバンテも83分、トーニョ・ガルシアが左サイドから折り返し、ニアに飛び出したセルヒオ・レオンが合わせて意地の同点ゴールで再び追いついた。

     試合はこのままタイムアップ。バルセロナにとっては逆転優勝が遠のく痛恨のドローとなった。次節は16日に一斉開催され、バルセロナはホームでセルタと、レバンテはアウェイでMF久保建英が所属するヘタフェと対戦する。

    【スコア】
    レバンテ 3-3 バルセロナ

    【得点者】
    0-1 25分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    0-2 34分 ペドリ(バルセロナ)
    1-2 57分 ゴンサロ・メレロ(レバンテ)
    2-2 59分 ホセ・ルイス・モラレス(レバンテ)
    2-3 64分 ウスマン・デンベレ(バルセロナ)
    3-3 83分 セルヒオ・レオン(レバンテ)

    【バルセロナ、逆転優勝が遠のく痛恨ドロー…レバンテに3失点で勝点取りこぼす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    無題
    レイズは11日(日本時間12日)、筒香嘉智内野手をメジャー40人枠から外し、戦力外通告をしたと発表した。今後はウエーバーにかけられて、獲得を希望する球団がなければ、自由契約になるなどの措置が決まる。

     2019年オフにDeNAからポスティングシステム制度でメジャー移籍を目指した筒香は、レイズと2年総額1200万ドル(約13億円)で契約した。コロナ禍で60試合となった昨季は打率1割8分7厘、8本塁打、29打点。契約最終年の今季は26試合に出場して打率・1割6分7厘、0本塁打、5打点と調子が上向かなかった。

     得点力強化を狙ったレイズは、内外野を兼任できる筒香に期待していたが、厳しい結果となった。オンライン会見に臨んだニアンダーGMの主な一問一答は以下の通り。

     ―決断について。

     「我々にとっても、ヨシ(筒香)にとっても期待した結果にならなかったが、今が、チームにとって正しい時期だという決断に至った。本人には今朝、通告した。彼はプロらしく受け止めてくれた。我々は彼のここまでの努力に感謝している。勤勉でよいチームメイトである彼に対して、この決断を下すこと以上に、悲しいことはない」

     ―次のステップは。

     「今後は数日で自由契約(FA)となり、次の移籍先を探すか、我々の傘下の3Aダーハムに行く可能性もある。我々は、彼がそれを望むなら、マイナーに迎え入れる意向を告げている。そこでレギュラーで毎日打席を積み、メジャー昇格を目指すこともできる。我々は彼をできる限りサポートしたい。数日間は、家族や関係者と話し合い、今後のことを考える時間になる。他球団へトレードの可能性があれば、それもみていくことになる」

     ―2年目の筒香をどう評価したか。

     「去年の60試合の日程では不運もあり、今年のキャンプの時点では楽観的にみていた。結果を出す時間は与えられたと思うが、ここ数週間は調子が急降下し、他の選手に機会を与えるべきと考えた。彼に代わって、言い訳をするつもりはない。去年も今年も(コロナ禍で)色々な制限があった中、30試合前後を消化して潜在能力を出し切っていない選手は他にもたくさんいるので、これで終わりにはしたくないが、レギュラーで出場していないここ(メジャー)で、立て直す機会を得るのは難しいと思う。私は、”成長したヨシ”になるチャンスはあると思うが、まずメンタルを切り替えることや常時、試合に出ることが必要ではないかと思う」

     ―国際市場に大型投資をするリスクについては。

     「他リーグから移籍する選手には常に疑問がつきまとう。(筒香の)結果は我々が望んだものではなかったが、我々は周到な調査の結果、今後も似たケースがあれば投資を恐れない。(未来を見る)水晶球は常に完璧ではない。ヨシについても、ちょっとした違いでフェアになったり、フェンスを越えたりしたら、違った結果になって自信もついたかもしれない。我々のNPB球団へのリスペクトは今後も変わらないし、才能ある選手がたくさんいると思っている。もちろん、全ての経験から学ぶものはあるが、日本球界の調査プロセスや、今後も人材発掘の意欲は変わらないだろう」

    【レイズが筒香嘉智の戦力外を発表 ニアンダーGMは「期待した結果にならなかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【<ラミレスDeNA前監督>3児の子育てに奮闘する“新米主夫”ぶり、妻・美保さんにサプライズも 「深イイ話」で一家に密着】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    無題
    ヴィッセル神戸は5月10日、キャプテンを務める元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタに関する「重要な記者会見」を翌11日の14時からクラブの公式YouTubeチャンネルでライブ配信することを公表した。


     11日に37歳の誕生日を迎える名手が何を発表するのか。母国スペインでも注目を集めている。

     現地メディア『BeSoccer』は、「イニエスタの謎めいた記者会見。継続か引退か?」と題して次のように綴った。

    「ヴィッセル神戸は月曜日に、元スペイン代表の記者会見が火曜日に行なわれると発表した。彼の引退の可能性についてはすでに話がある。イニエスタのサッカー界での未来は、ヴィッセル神戸が驚くの記者会見を発表した後、空中に浮かび上がっている」 【「謎めいている」イニエスタの“重要な記者会見”発表に母国スペインも騒然!「日本では疑われ…」】の続きを読む

    このページのトップヘ