カテゴリ: 映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    無題
    5月7日、14日の2週にわたり「金曜ロードショー」(日本テレビ系、21時~)では、映画史に残る不朽のラブストーリー『タイタニック』を放送。1997年の公開当時、日本の歴代興行収入1位となる262億円を記録。現在も歴代3位に君臨し、洋画歴代1位、実写作品歴代1位をキープし続けている名作です。

    関連画像を見る

    『タイタニック』はこれまで何度も「金ロー」で放送されてきましたが、今回話題となった理由が、
    レオナルド・ディカプリオ演じる主人公・ジャックの吹き替えを、声優の石田彰さんが務めるということ。アニメ・声優ファンにとって注目ニュースだったのです。

    しかし、アニメや声優の知識が浅い方の中には「石田彰って誰?」と思った方もいるはず。そこで今回、なぜ石田彰さんが『タイタニック』に出演したことでヲタクたちがこんなにも大騒ぎしたのかを、簡単に紹介したいと思います。

    ■『エヴァ』渚カヲルだけじゃない! 石田彰が演じたキャラクターたち


    これまでアニメや声優に触れてこなかった方に、すごく簡単に石田さんを紹介するのであれば、やはり「『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲル」を一番に挙げるでしょう。
    さらに最近では、世界的大ヒットとなっている劇場版『鬼滅の刃』無限列車編に、十二鬼月・上弦の参、
    猗窩座(あかざ)役として出演したことも記憶に新しいです。
    【「タイタニック」ディカプリオの吹き替え担当・石田彰ってどんな声優?語り継がれる数々の“伝説”をご紹介】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    無題
    日本テレビ系『金曜ロードショー』(毎週金曜21:00~)では、5月28日に『スタンド・バイ・ミー』(86年)、6月11日に『グーニーズ』(85年)を放送する。

    これは、視聴者からのリクエスト企画「金曜リクエストロードショー」として放送するもの。

    『IT/イット “それ”が見えたら、終わり』『ショーシャンクの空に』などでおなじみのスティーブン・キング原作の『スタンド・バイ・ミー』は、12歳の4人の少年のひと夏の冒険を描いた名作。23歳の若さで亡くなった伝説の名優リバー・フェニックスの瑞々しい演技にも注目だ。今回は、本編ノーカットで放送する。

    吹き替えは、主人公ゴーディを土井美加(『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』早瀬未沙役)、リバー・フェニックス演じるクリスを高山みなみ(『名探偵コナン』江戸川コナン役)などが務めている。


    【『スタンド・バイ・ミー』『グーニーズ』金曜ロードショーで放送】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【<君と世界が終わる日に>シーズン3製作決定 “響”竹内涼真は続投へ シーズン2新予告映像も公開 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Amazon Game Studiosによる「ロード・オブ・ザ・リング」のMMORPGについて、開発が中止になっていたことが明らかになった。BloombergのJason Schreier氏が報じており、Amazonの広報担当者も同報道について認めている。

    無題


    【Amazonによる「ロード・オブ・ザ・リング」MMORPG開発中止。広報が認める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwi3rp7jnYnwAhUjyosBHby-CwcQxfQBMAB6BAgDEAM&url=https%3A%2F%2Fibarakinews.jp%2Fnews%2Fnewsdetail.php%3Ff_jun%3D16187613581440&usg=AOvVaw0hutNXBf_UOxBa7W8tAw-6



    無題


    18日午後8時20分ごろ、茨城県東海村船場、無職、女性(86)から「息子2人が兄弟でもめて、弟が兄を刺した」と聞いた同村に住む女性の親族(55)から110番通報があった。警察や消防が女性方に駆け付けると、女性の息子で住居、職業いずれも不詳、男性(63)が1階リビングで血を流して仰向けに倒れており、その場で死亡が確認された。県警は殺人事件とみて、女性から事情を聞くとともに、現場から逃走したとみられる男性の50代弟の行方を追っている。 【【速報】東海村で63歳男性刺され死亡 茨城県警、殺人事件で捜査 弟の行方追う】の続きを読む

    このページのトップヘ